ここから本文です

『中国上場不動産企業の債務が拡大している。上場63社の総負債額は前年比34%増で、3兆元(約51兆円)を上回った。中国メディア・証券日報が11日報じた。同報道によると、17年63社の平均負債比率は78.6%だ。16年は76.7%だった。うち18社の負債比率は危険水準の80%を超えたという。負債比率70~80%の企業数は16社。負債比率60~70%は9社。』

中国は日本の土地バブル崩壊を教訓に、地価抑制を消極的に放置してきた感がある、、日本の土地バブルを崩壊させた主因が大幅な土地税制の増税を行った財務省や、不動産融資抑制をした金融庁にあるからや、、でもそれが仇になって大崩壊が起きる危険性をはらんどるな~、、('ω')

ヤフーグループの投資信託。口座開設はもちろん、購入手数料も0円! PR YJFX!