ここから本文です

「韓国と米国が北朝鮮の努力に善意で応じ、安定の雰囲気をつくり出し、平和実現のために段階的で同時的な措置を取るならば、朝鮮半島の非核化問題は解決できる」。
金氏は、「段階的で同時的な措置」が何を意味しているのか、また北朝鮮指導部がどのような安全保障を自国にとって受け入れ可能だと見なしているのかについては明らかにしなかった。だが重要なのは、2007年以来初めて朝鮮半島非核化の可能性について言及されたという事実だ。
一方、さらにこの先、長い交渉プロセスが待っている。それは長い年月にわたり、段階的となる可能性があるため、4月の首脳会談で朝鮮半島非核化の問題がすぐに最終的並びに明確に定式化される可能性は低い。

トランプさんの任期は残り3年を切った?トランプは保障しても米国は最後まで保障できない?米国の民意はすぐ変わる?米国国民は北朝鮮にあまり関心ない?
金委員長が戦略核放棄のプロセスとその条件を明確にしない限り解決しない?なぜなら、在韓米軍の撤退も講和条約の締結もトランプチャンスだから?