ここから本文です

辛坊治郎;
正直に言います。財務省の役人が決裁文書を改竄していた問題、仰天しました。
3月2日に朝日新聞がリーク情報を一面に掲載した時は
いくらなんでも日本の役人がこんなことしないだろうと思った。
このリーク情報の出元は大阪地検だと思います。
今秋、新聞紙面に踊った改竄前の文書を呼んでさらにびっくりです。
そこには安倍晋三首相との関係や昭恵夫人の名前を使って、
時折、恫喝をまじえながら価格交渉をする籠池前理事長の姿は
浮き彫りになるものの、国会でこの取引が問題視されて以降の
「重大疑惑」である「首相の関与」を疑わせるものは何もありません。