ここから本文です

>>3106

礼も言え



今年の日本株と新興国株式、2000年の再現か-モルガン・スタンレー

Kana Nishizawa

2018年1月17日 6:18 JST


新興国株式、年初のパフォーマンス当てにならないとMスタンレー


2000年はMSCI新興市場指数が32%、TOPIXが25%下落



新興国株式が今年も大きく値上がりすると当て込んでいるなら、期待はずれに終わる可能性がある。モルガン・スタンレーのアジア・新興市場株式担当チーフストラテジスト、ジョナサン・ガーナー氏が15日付のリポートで示した見方だ。新興市場の通年の動向を占う上で、年初のパフォーマンスは信頼できる材料にならないと同氏は主張した。



  ベテラン投資家なら、今年の年初に既視感のような感覚を抱くかもしれない。ガーナ-氏率いるモルガン・スタンレーのアナリストはリポートで、今年の新興国市場と日本は「出だし好調で、だんだん難しくなり、ひどい年末を迎えた」2000年のようになるかもしれないと指摘。景気拡大がサイクルの後半に入っていること、世界的に強気な株式市場、中央銀行の政策引き締め、インフレ圧力の上昇を理由に挙げた。