IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

の終わり」 新型肺炎で封鎖の中国・武漢、政府に支援求める声も
2020年1月24日 15:52 発信地:武漢/中国 [ 中国 中国・台湾 ]
このニュースをシェア
「この世の終わり」 新型肺炎で封鎖の中国・武漢、政府に支援求める声も❮ 1/4 ❯‹ ›
中国・武漢の駅に到着した利用客(2020年1月23日撮影)。(c)HECTOR RETAMAL / AFP
中国・武漢の駅に到着した利用客(2020年1月23日撮影)。(c)HECTOR RETAMAL / AFP
中国・武漢で、新型コロナウイルスが検出された海鮮市場前を歩く警察官(2020年1月24日撮影)。(c)Hector RETAMAL / AFP
通常この時期は帰省客でいっぱいの中国・武漢の天河空港(2020年1月23日撮影)。(c)Leo RAMIREZ / AFP
中国・武漢の駅に到着した利用客(2020年1月23日撮影)。(c)HECTOR RETAMAL / AFP
【1月24日 AFP】新型コロナウイルス感染による肺炎の流行を受けて交通遮断措置が取られた中国・湖北(Hubei)省の武漢(Wuhan)では、住民から食料不足や不安、政府の支援を求める声が上がっている。

 人口1100万人余りの武漢市内は23日、交通機関の運行停止や外出を控える呼び掛けなどを受け、春節(旧正月、Lunar New Year)の飾り付けが施された往来から車や人影がすっかり消えた。街角では、当局の呼び掛けに従いマスクをした人を時折見かける程度だ。


 小さなスーパーマーケットから出てきた男性は、AFPの取材に「なるべく家にいて、必要な時だけ日用品を買いに出るようにしている」と語った。このスーパーも既にほとんどの商品棚は空っぽだ。