ここから本文です

>>14

両方わずかな口数所有しているが、一緒になっても900億程度の時価総額。金融期間の投資信託組み入れは2000億以上のリートが中心だし、スケール拡大はメリットでしょう。
合併比率についての資産査定は容易にできるはず。とっとと進めてください。混乱によるテナントの不信感による退去や、単価改定⬆交渉への悪影響を懸念しますね。