IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

今日の値動きで、マーケットメーカーて何者?の自分なりの仮説が出来た
今日は、当然 寄り天でその後下げる動きにしかならない

仮説としては、ADRの価格をそのまま、日本に引き継いでスタートさせている
メガバンクはあげあげだから窓開けてスタートしているが、日本OPすると
金融以外が遣られる

昨年は、ADRで銀行は連日、売り叩かれ 窓開けて下げた

今の市場で、リスクOFFは金融以外ない
モルガンや銀行は、NYで昨日も上げている
世界中金融は昨年の8月末以降、上げ続けている

金利上昇ピッチが早くなったから、昨日から値がさ株の売り叩きが
世界中に伝播した・・NYも日本もチャイナも

1489に戻せば、2018年1月に最高値を付けてそれ以降DWトレンドに入ったが、世界中でコロナで貸し倒れ引当金を積み増ししたから、金融株が叩き売られた
中央銀行の救済策により、倒産も少なかったから貸し倒れ引当金が戻って、
メガバンクの決算は、予想外に良かった・・・世界中 同じ流れになっている

2021年決算は、メガバンクは金利上昇で更に増益に向かうから、
世界中で安心して買えるのは、もうメガバンクしか残っていない

またまた、自分なりに仮説を立ててみる・・仮説を立てるの大好き

1.8~1.99%で、長期金利が今後3年推移したら・・・
2017年の前後の長期金利は、1%で推移している

目先2023年に2017年比で、2倍の利益を上げても ふ~ん あり得るよね
その為には、2%を超えない所で、日銀が介入しないギリギリの所で高値で、
維持し続ける

カーボンニュートラルで、これから莫大な固定資産投資が企業に押し付けられる
銀行からの借入金は膨らむ一方でこれから、メガバンクは良いでないかな?

使い道が無いからため込んできたが、これからは使い道がある
ESGに使わないと、世界中から相手にされない

「バブル崩壊後、長期間続いた超低金利からの転換かもしれない」
今、世界の長期金利の転換点と言う論説は、あっちこっちでている

20年先に、答え合わせをする話だから誰も今、答えは持っていない
正しければ、「2倍なんかなるか」何て、失礼な事を言いました^^;;

2018年1月の44000を超えてからメガバンクに引っ張られ、
次の新しい相場がスタートする

そんな見方に、変わって来た