ここから本文です

決算発表を控えて過去数カ月で利益見通しを修正したS&P500種株価指数の構成企業のうち、引き下げた割合が82%を占めたことが、ブルームバーグが集計したデータで示された。
これは昨年7ー9月(第3四半期)以来の大きさで、株価の20%近い下落に先立つ同四半期との不気味な類似性が感じられる。

>またまた、Q決算のシーズンがやってきました。今回は今までと同じようにはいかないようですね。