ここから本文です

>>1127

とある指南書では、一番手銘柄には買い、2番手銘柄3番手銘柄には売りの組み合わせで儲けるというのはありましたね。とても古典的だと感じたのですが、今でもしているのでしょう。