IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>983

世界経済が予測しにくくなり、ネガティブになると世界一の債権国である日本。
(2014年の国外純資産規模は約367兆円、国外総資産は約945兆円)
日本の公債残高は800兆円を超えて、暴落が近いという人もいるが、基本的に国内の銀行・生損保・年金などで消化されているため、そこが日本を裏切らない限り暴落はあり得ない。
過去の破たんした国は海外機関投資家などが多く持っていたため一斉に手放したが、日本とは事情が違う。

海外の機関投資家はそれがわかっているため、日本への信用・安心から円あるいは日本公債の買いに向かう。
(最近、公債の海外投資家比率が徐々に増えてきたので、将来的なリスクはあるが20年や30年でどうこうなる話ではない)

よって、ドル安円高になりますね。