IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>994

今日の日経・東商取レバレージ指数の引けは297.94で前立会比カワラズでした。思惑が外れる度に運営会社にクレームを入れたがる方々への市場参加者の皆様のご配慮から、プレミアムが安定していたものと思われます。
レバレージ指数がカワラズですから、当然インバース指数もカワラズ(4,076.90)ですが、こちらはディスカウントが縮小したので市場価格が30円上昇しています。

  • >>995

    こんにちは。
    凄く詳しい方と思いますので、教えてください。
    9月7日に原油先物が$39.5に下がった時に、原油ETF1671を844円、2038ブルを253円で買いました。
    その後、原油先物が$41に上がった時、原油ETF1671は辛うじてプラマイゼロに戻っても、2038ブルは8%ダウン迄しか戻りせんでした。
    現在は、ETFが5%ダウン、ブルが15%ダウンです。

    これは先物コンタンゴの仕業なのでしょうか?
    期近・期先帳入値段でドバイ原油を見ると、期先が約2.8%高くなっていました。これは、ETFが1ヶ月で2.8%、ブルが約5〜6%、コンタンゴで切り下がって行く事を意味しているのでしょうか?

    と言う事は、仮に年末に原油先物価格が$55迄上がったとしても、ブルは買値に戻るかどうか分からない事を意味している?

    もう、大損切りしかないのでしょうか?
    長々とすみません。教えて頂ければありがたいです。よろしくお願いします。