ここから本文です

>>517

有料老人ホームも経営は苦しいかもしれませんが利益追求へ努力は可能です。
例えば、特養などの施設サービスではオムツなどの生活費をたくさん使う利用者へ対しても国から報酬として支払われるお金は同じです。
有料老人ホームでは多くのものが利用者の負担になります。
この違いは大きいと思います。
高齢者の自己責任が有料老人ホームには有ります。
方や特養などの施設サービスは、利益追求は難しく、全体の3割が赤字と言われています。
今後、有料老人ホームへ対しても公共性を求められる様になって来ると、どうなるかわかりませんね。