ここから本文です

>>512

都市部では外国人介護士が着実に増えてきていますね。
私は、その外国人介護職員も実はリスクと考えていて、それは外国人が事件を起こすとかでは無く、外国人介護による訴訟が相次ぐのでは無いかと思うのです。
昨今、メディアでは介護職員による不祥事のニュースばかり取り上げられていますが、実はその裏では高齢者による介護職員への暴力やセクハラのほうが遥かに多いのです。
日本人介護士は無条件で我慢しなければなりませんが、果たして外国人は我慢してくれるでしょうか?
いつか「日本の高齢者から耐えがたい差別を受けた!」と騒ぎになるかもしれません。
そうなると施設経営は大きく傾いていくことでしょう。
そのようなリスクを考えると、ここのリートの施設サービスを保有していない状態は安心出来ます。