ここから本文です

>>7

iシェアーズではなく日興アセットマネジメントの担当者の話によると、上場してから日が浅いうちは本来の分配金利回りが得られないそうです。つまり、売る人よりも買う人の方が多いため、ETF運用会社が運用資産によって収益を得たときより、運用会社が各投資家に分配金を支払うときの方が受益口数が増えてしまうためだそうです。実際の収益を受益口数に応じて分配するため、受益口数がどんどん増えていく上場間もないころは、分配金が出しにくいということです。分かりづらい説明になってしまったかもしれません。