ここから本文です

ノンホルです。再参入は考慮中です。税法等での貸倒引当の算出には「個別法」と「貸倒率」による方法があります。「個別法」による算出に変更するため、過年度も含め再計算することのようですが・・・。引当金が多くなるのか少なくなるのかは判らないですね。ただ他の同業者と比べて引当額が以上に低いですね。