IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

(BS)
【資産】:993億円
現預金:134億円
貸付金:415億円
預け金:64億円
のれん:244億円
無形資産:106億円
その他:30億円
【負債】:755億円
預り金:103億円
借入債務:597億円
(短期借入:342億円)
(長期借入:230億円)
(その他:25億円)
その他:55億円

アルヒのバランスシートの特徴として、貸付金と短期借入金が挙げられます。貸付金はすぐに証券化して投資家に売却されるため、それまでの間、金融機関から短期間の借入を行っています。

なお、もう一つの特徴としてのれんと長期借入金が挙げられます。これは上場前に現在のアルヒを立ち上げ、その会社が長期借入をし旧アルヒをTOBしたため、その際にのれんが認識されました。

(PL)
営業収益:238億円
営業費用:▲169億円
(金融費用:▲37億円)
(販管費:▲132億円)
((人件費:29億円))
((支払手数料:69億円))
((使用料費用:13億円))
((その他:21億円))
その他収益・費用:▲6億円
(その他収益:0億円)
(その他費用:▲6億円)
法人所得税:▲19億円

PLの特徴としては、営業費用の大半を販管費が占めており、そのうち半分を支払手数料が占める点が挙げられます。これは全国拠点のほとんどを占めるフランチャイズ店とアルヒとで、融資の事務手数料を折半する代理業務委託契約を結んでおり、その委託料が支払手数料となります。

自己資本比率24%の安定した資本に、利益率26%の高い収益性を誇るアルヒ。まずは公開価格1,300円の突破が期待されます。