IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

アルヒの今後の成長ドライブとなる3つの商品を見ていきます。

「ARUHI変動S」
今後の成長の核となる商品です。2018年8月に提供を開始し、変動金利セグメントの割合を18年3月期の10%から5年間で33%まで上昇させる計画です。スーパーフラットシリーズが住宅購入者への固定金利融資を住宅金融支援機構が保証しアルヒが証券化して投資家へ売却するのに対し、ARUHI変動Sは住宅購入者への変動金利融資を静岡銀行が保証しアルヒが証券化して投資家へ売却するスキームです。変動金利商品は20兆円といわれる住宅ローン市場の90%近くを占めており、固定金利商品の7倍の市場規模を誇ります。

「ARUHI新生活パック」
2018年9月にサービスを開始し、現在約70社の企業と提携して暮らしのサービスを提供しています。住宅ローンの15万人の顧客基盤をマネタイゼーションしたものであり、データベース提供の対価として提携企業から利用料を得ています。今後はマルチプラットフォーム化が進むことにより、イエ・ヒト・暮らしに関するデータの蓄積が進み、そのビッグデータの活用による莫大な収益源となる可能性を秘めています。

「ARUHIマガジン」
2016年3月に開始し、月間140万PV、月間100万UUまで成長して来ました。アルヒの認知度はCM効果もあり、2年前の2%から20%まで大幅に増加しており、今後もマガジンへの流入量は増加が見込まれます。前期1Qにはタイアップ広告を掲載し、マネタイゼーションを開始しました。流入量の増加により今後も広告収入の増加が見込まれるとともに、流入量の増加が融資を増やし、融資の増加が流入量の増加を増やすという正のスパイラル効果が期待されます。

2018年3月期の利益52億円を中期経営計画では120億円、長期ビジョンでは400億円まで成長を加速させるアルヒ。まずは20兆円市場のシェアトップの座を射程圏に捉えています。