IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

保証料について↓
過年度遡及時に利益剰余金を減額しておりますが
これは過去の売上計上したものを将来へ繰延べるためにおこなってますので、
SSの期首剰余金の累積的影響額▲1537千円は将来に向かって売上計上していくことになります。
なお決算資料によると平均入居期間の24カ月で按分のようなので、
基本的には1537千円は2期で収益化されていきます。
これだけ聞くとアゲアゲな感じがしますが、
反対に遡及の対象になる当期発生の保証料の売上もどんどん繰延られていきますので、
結局のところ、保証件数の増加分しか売上に寄与しないことになります。