ここから本文です

改めてマーキュリアインベストメントについて調べてみました。
ちょっと長いですけど参考にしてください(^_−)

IPO当選株数
公募株数 531,000株
売出株数(OA含む) 516,200株
当選株数合計 1,047,200株
上場株数 4,572,000株
時価総額 15,659百万円
配当45円
VCなし、LU期間180日、優良な投資先あり

株主構成、ロックアップなど
株主名 比率 ロックアップ
(株)日本政策投資銀行 32.51% 180日間
伊藤忠商事(株) 24.43% 180日間
あすかホールディングス(株)8.78% 180日間
谷家 衛 8.59%
豊島 俊弘(社長) 4.92% 180日間
三井住友信託銀行(株) 4.51%
(合)ユニオン・ベイ 3.07% 180日間
石野 英也 2.81% 180日間
三好 達雄 1.86%
許 暁林 1.56% 180日間


上記の情報から考察すると、ロックアップがしっかりと180日間かかっているので、180日間は市場に大量の株が流入して大きく値崩れを起こすような事態は今のところ考えにくい。
多少の調整は個人の利確売りと推測が出来ます。

業績から考える今後の展望としては、第3四半期で業績予測の達成率が99%なので、先日どちらかのメディアが取り上げたように今期は大幅な増収増益になると思われます。
連日のように株価が上昇しているのは業績を織り込みにいってると考えられ、まだまだPERは安いのではないでしょうか。
業績相場は何よりも強い!

時価総額ベースで考えると倍になっても違和感がない将来有望な会社だと個人的に思います。

  • >>765

    *ロックアップは6か月間、まだまだ、仕込むチャンスありですね。

    *マーキュリアのホームページを見るとますます惚れてしまいます。

    *因みに、総株式数4,572,100−3、459、000(ロックアップ株数)=
    1、113、100・・・・・僅か111万株のみが市場にあるだけですね。

    *私は弱小株主なので、200株(2単位)ホールド、急伸時、100株売り、100株は手元に残すというかたちで、生き残ってきました。

    *いずれにせよ、1万人の人が100株ずつホールドすると・・・・・
    *5000人の人が200株ずつホールドすると・・・・・・・
    *あっという間に株が市場からなくなってしまうということですよね。

    *いかに規制がかかろうとも、株数そのものが少ないので、じりじり上昇してゆくと、推定しています。

    *仕込み株僅かなので、サプライズのニュース(投資先の上場)は、もう少し待ってほしいですね。(仕込み完了まで)!!!!!。