ここから本文です

要するにここは、株価下がって喜ぶ人、
上がって喜ぶ人、どちらも多いって言う事ですよ。
大方の流れは業績、株価共々、高成長に変わりません。