ここから本文です

郵貯銀は国債を90兆近く保有している.独仏がようやく物価上昇率が2%でマイナス金利を緩和させる方向に向かう。日本は+0.1%、秋に0.8%の予想である。日本のマイナス金利解消はまだ最低でも1年はかかると予想する。その前に、規制緩和の可能性は高い。個人の預金枠増、住宅融資、法人融資等はいつ持ち上がってもおかしくない。夏場に2次放出があれば日本の株主ウエイトは下がり,郵貯銀への経営に影響力は下がる。3年先を見据えればこんな魅力ある企業はない。私は押し目は拾うことに徹する。