IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

JPXは高値水準ですがわたしは東証は個人の投資への促進をするため優待導入を促進するべきだと思う。通信の発達で個人でも米株はじめ様々な投資対象にアクセスできる時代である。日本に住む自然人に対する長期投資動機付けとして優待は将来にわたって有効であると考える。日経平均の高値を30年も抜けない市場と買っておいとけば右肩上がりの米国市場、初心者からみたら日本株に投資をする妙味が見つけられないと思う。配当キャピタルゲイン期待ともに日本株は難しいと言わざるを得ない。
優待が公平性を欠くとの議論があるが私はそうは思わない。そもそも兼業投資家が大部分の個人投資家とハイフロント、ハイフレクエンシー取引を駆使できる機関投資家とそもそも条件が違う。長期にわたっての上げ下げを個人投資家が耐えるためのインセンティブとしては大きなものである。仮に日本株市場から優待がゼロになればかなりの中堅以上の個人投資家の投資対象は米株になると思う。どう考えてもすかいらーくよりマクドナルド、コメダ珈琲よりスターバックス、大塚製薬よりファイザー、ライオンよりP&G、KDDIよりベライゾンの方が将来性も配当も魅力あると感じるだろうから。