IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

これだけの規模の企業ともなれば優待を減額したところでその分利益が上がるものでもないだろう。

そのためのシステムもあるわけで、貰うほうは額面で計算するだろうが、企業側は優待を出したところで人件費や光熱費が特別余計にかかるわけでもなく、食材の原材料費にしてもたかがしれている。

わずかではあっても端数の現金収入もあるわけだし、実質的な経費を客に対して店に足を運ばせる宣伝広告費として見れば安いもんだろう。