ここから本文です

売り方が、またぞろ跋扈しているようですが。

売り方の言い分は
1)業績悪化に伴い優待改悪がありそうだ。
2)優待の経費を削り、配当に回すべきである。
3)そもそも、すかいらーくは割高な株価である。
以上三点に集約されると思います。

それぞれに反論してみましょう。

反論1)すかいらーくは現時点で「連結配当性向40%を目標としています」
ir.skylark.co.jp/individual/point06.html
と明言しており、業績悪化があっても配当を連動させるだけです。
配当の減少以上に株価に影響を与える優待改悪は考え難いです。

なお、配当と優待の金額についての考察は次の項に譲ります。


反論2)仮に優待を廃止して収益が上がり、
その増収分を配当に回すと仮定してみましょう。

その場合、増収額は優待に使っていた経費分が増えるとしても、
優待額面よりはるかに少ないです。なぜなら、
販売価格は材料費や販管費に利益を上乗せしたものですから。
一般には外食の材料費は30%前後とされてます。

更に優待を廃止して優待としていた額の70%くらい増収したとします。
かなり多めの見積もりですけれどもね。

その場合どうなるでしょう。その70%には当然税金がかかります。

上記のように、優待を全廃して増収して増配しても、
優待額よりも少ない額からさらに税金が引かれる結果となります。


反論3)東証平均よりも高めではありますが優待外食銘柄としては、
すかーらーくは「配当+優待」利回り水準、PERで見てみると割安水準にあります。

優待を希望する投資家は同時にいくつもの優待銘柄を持っている傾向にあります。

もしも、それらの中で手放す状況に陥った時は、割高の銘柄から手放すでしょう。
個別銘柄を挙げるのもなんですが、アトムとかマックとか吉野家とか大半の外食銘柄は、
明らかここよりも割高です。


何にせよ、ここが極端な下げに転じるとすれば極悪害資の強引な売りに
個人投資家が負けた時だけでしょう。