ここから本文です

屁たれが隠したい事件wwwwwwwwwまんせーーーーー

すかいらーく契約店長が過労死認定



32歳のファミレス契約店長が過労死
すかいらーくは何人過労死させれば気が済むのか!

外食大手「すかいらーく」(本社・東京都武蔵野市)の契約店長で昨年10月に脳出血で死亡した前沢隆之さん(享年32)について、春日部労働基準監督署(埼玉県)は長時間労働が原因の労災=過労死と認定しました。

昨日(7月17日)、前沢さんの母親・笑美子さんと妹の美保さん、遺族を支援している私たち全国一般東京東部労組のスタッフが厚生労働省で記者会見し、発表しました。会見には4年前にすかいらーくの店長だった夫を過労死で亡くした中島晴香さんも出席しました。

前沢さんは高校2年(91年)から、ファミリーレストラン「すかいらーく」でアルバイトとして働いてきました。そのまま2006年からは1年更新の契約社員として、埼玉県の栗橋店で店長になりました。

遺族によると、店長になったころから長時間労働が常態化し、休みもほとんど取れず、深夜に帰宅して早朝に出勤するという日々でした。通勤に使っていた車で仮眠を取る姿も見かけられています。

ところが、会社のタイムカードなどでは40時間程度しか残業していないことになっています。遺族が独自にまとめた残業時間では、倒れる直前の月から過去3ヶ月の平均で月200時間を超える異常な残業を強いられていました。

  • >>762

    春日部労基署も会社のタイムカードを採用せず、国の過労死の認定基準(残業時間が月100時間~平均80時間)を超えると認定しました。

    さらに労基署によると、時間だけではなく、重い責任を負わされて加重労働の傾向にある「店長」という職務そのものを負荷要因にあげました。

    今回の過労死事件は、極限まで社員の「非正規」化が進んだ結果、正社員だけではなく「非正規」にまで長時間労働が及んでいる構造が浮き彫りになりました。

    前沢さんは年収が200万~300万円と「非正規」ならではの低賃金で、1年単位という不安定な有期雇用でありながら、重い責任と加重労働だけは正社員並みに押しつけられていました。

    会見で笑美子さんは「ほかの人が同じ悲しい思いをしないためにも勇気を出して声をあげることが遺族の使命だと思う」と語り、美保さんは「兄を返してほしい」と涙ながらに語りました。中島さんは「夫の過労死のあと、会社は業務改善を約束したのに今度は32歳の若い命を奪った。本当に二度と起こさせてはならない」と話しました。

    前沢さんの遺族と東部労組は近日中に、過労死認定を踏まえて、すかいらーくに謝罪や補償などを求めて団体交渉を申し入れます。今後も前沢さん過労死問題へのご注目とご支援をお願いします。