ここから本文です

投資が過剰なんですよ。
有名なジェレミー・シーゲルの研究だと、1957年〜2003年の47年間で、時価総額に占める設備投資が大きい企業と、小さい企業の比較をしたところ、なんと株式の利回りは、年利5%も差がつきました。設備投資が小さい企業の利回りが高かった。対象はSPXです。