IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

リネットに詳しくない方向けにおさらい

3. カンボジア市場
カンボジアのGDP成長率は約7%の水準を9年続けており、ASEANの中で最も成長率が高い。特に、同社の場合、経済成長に比例して伸びる金融市場(マイクロファイナンス、リース)や自動車市場(車両販売)※へ参入していることから、その恩恵を大きく受ける可能性が高い。また、人材送出し事業についても、日本の人手不足を受けて2018年12月改正入管法が成立し、外国人単純労働者へ門戸が開放されると、「5年で外国人35万人受け入れ」との政府方針が打ち出されており、今後の送出し人数拡大が見込まれている。

※カンボジアの自動車市場は中古車が9割を占め、年間3万台水準。大半が現金購入で、割賦やリースの普及はこれからである。

株探より