ここから本文です

>>653

いや、すみません。
ここでは頭のおかしいのに突っかかられることも多いので
何かあるとつい戦闘モードには入ってしまうようです。

ただ、やはり全員というのは違うと思います。
ドル・コスト平均法とか、打診買いとか、
時間的な分散投資を前提にすれば
わざわざ底を拾おうと頑張る必要は無いからです。
そういう投資を心かげているからこそ
私はあなたのいう全員に含まれませんよ、って言いたかったんです。

また”上昇を念じた方が〜”という方も
念じて勝てるなら誰も苦労しない訳で
下がった時にどう対処するかちゃんと考えてから投資するべきだ、
と私は考えているからです。

個人投資家は余裕資金で分散&長期投資。
専業じゃないならあまり大きく儲けることは考えず、
配当&株主優待を貰ってまったり楽しむ。
これが一番気楽で、結果的には
数年後に一番利益が出ている投資法だと私は考えています。
今みたいな上昇相場なら、という前提が付くかもしれませんが。

  • >>654

    > 個人投資家は余裕資金で分散&長期投資。
    > 専業じゃないならあまり大きく儲けることは考えず、
    > 配当&株主優待を貰ってまったり楽しむ。
    > これが一番気楽で、結果的には
    > 数年後に一番利益が出ている投資法だと私は考えています。

    非常に共感できる考え方です。
    特に利益に関する「儲け過ぎ無い事」
    これが意外と重要ですね。
    儲けようとし過ぎると知らぬ間にリスクが増大していますから。

    > 今みたいな上昇相場なら、という前提が付くかもしれませんが。

    逆に相場が激変した時にこそ有効だと思います。
    私もその考え方で約20年間の相場の変動を経験して来ました。
    座右の銘「吾唯足るを知る」です。

    現在は低迷していますが、お互いに、焦らず行きましょう。

  • >>654

    パチンコに行く人も、競馬をやる人も全員が「今日は勝つぞ!」と思っており
    「今日は負けるぞ!」と張り切っていく人は一人もいません。

    株を買う人も「ここから下がるぞ」と思って買う人はいないと思います。
    下がればその時に買えばいいのですから。

    「二番底をつけたから」とか「長い下ヒゲをつけたから」とか「坂田五法のなんとか線が出たから」とか「新高値をブレイクしたから」とか「もうそろそろ権利確定日だから」とか「ここのところジリジリ上がっているから」とか「売り上げの前年同月比がここ数ヶ月好調だから」とか、理由は十人十色ですがみんな「これからこの株は上がるぞ!」と思って買います。

    ただし、おっしゃるようにドルコスト平均法の人は(短期的に言えば)違いますね。でもその人も長期で見れば上がると思っているので、やはり全員が「この株は上がるぞ」と思って買っていると言っていいのではないでしょうか。

    「個人投資家は余裕資金で・・・」は私も賛成です。その通りだと思います。
    >>642 で書かれている
    「ただ、買い増しするならここからは下がらないという確信が欲しいなぁ。
    これ以上買い増しすると不測の事態が起きたら対処出来ないし。」
    という文章はどう見ても「余裕資金で・・・」の姿勢とは違いますので、「無理はしない方がいいんじゃないですか」とアドバイス差し上げたのです。

    最後に、知らない人にいきなり「ヘタクソ」とかいうのはやめた方がいいかと思います。ちなみに、私も念じて勝てるとは思っていませんよ(^^: