IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

昔からベガの情報を追っている人はご存知だと思いますが、過去に2017年の8月、2018年の7月の二回、株価暴落がありました。

2018年の暴落は悲惨で2年かけて2000円あった株価が500円まで下がりました。

どちらも一過性の需要増に対して勢いで在庫を増やし、需要が落ちた後に在庫が消化できずに費用が嵩んで慢性赤字になった事が原因でした。

今回のコロナ需要も、需要が無くなるだけなら良いですが、増やしすぎた在庫が長期に渡って事業を苦しめる可能性もあります。

さすがに三度目なので社長が学んでいる事を望みますが、二度あることは三度あると言うので怪しいのではないでしょうか。

買いたいと思う人は買えば良いですが、その辺りも含めてしっかり可能性とリスクを天秤にかけて投資して下さいね。

  • >>357

    >どちらも一過性の需要増に対して勢いで在庫を増やし、需要が落ちた後に在庫が消化できずに費用が嵩んで慢性赤字になった事が原因でした。
    >今回のコロナ需要も、需要が無くなるだけなら良いですが、増やしすぎた在庫が長期に渡って事業を苦しめる可能性もあります。

    決算書見るに在庫が圧縮されているようですよ。
    ・商品:17.7億(3月)→12.4億(6月)
    ・現預金も12億増えていました。

    あと、下で質問したのですが、よしさんが書かれている
    >海外でも大型の資金調達を何度もして大きく投資したにも関わらず失敗した家具ECがアメリカにも欧州にもあります。
    とはどの企業でしょうか?大型の資金調達しているのであれば、それなりの規模のはずですが。調査したいので、教えていただければ助かります。