IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

為替差損が出るのは仕方ないとして、販管費の中の「システム投資」はこれで終わるはずだし、
「上場後最初の期末決算関連業務に係る費用」もこれっきりのはず。
「主に給与手当、賞与の増加」が増加してるのは上場記念のボーナスでも出たのかな?って楽観的に考えてます。
主力の化学品事業は堅調、日用品事業は横ばい、土木建設資材事業はオリンピックに向けて増収予想。
補足資料読んでたら、意外と「悪くはない」のかも・・・?
と思ってしまった。