ここから本文です

今日の初値後の暴落はIPO組ではなく、既存株主の売り抜けではないでしょうか?

今回は公募のみで売出し無しの案件でしたので、株主構成を見ると
その他867名 14,130,550株 20.97%もがロックアップ対象外でした。(従業員持ち株会を除く)
上場ゴールを期待していた長年の既存株主であれば、この価格でも十分に利益があるはずです。

みずほで取得した方々は、電話がつながりにくく眺めているうちに前場が終わり、
気づけば後場はストップ安張り付き。
出来高は960万株ですから、理論的には1回転以上しているはずですが、
もしそうであればまだまだ、みずほ取得組が売り抜け出来ていないでしょう。

しかし、東1ですので7月末のTOPIX算入、予想配当金10円もあるので
持ち越した方は明日以降売り急がず冷静に対処が正解でしょう!