ここから本文です

此処の会社は此れまで余り取り上げられていませんが、全国に広大な敷地に大々的に省エネに抑え流通面も大手並みの企業です。冬夏は際も稼ぎ時に多くのパートを雇用し合理化を此れまで進められてきました。といえただ近年、政府が行う働き改革に関わる人手不足に運転手、社員、パート賃金高騰し仕事は多くても稼働力は減退も伺えます。
大木ヘルスは老舗の企業でもあり、投資者の願われる情報、企業状況には一切受け答えする会社ではありません。無駄な投稿より自ら情報を探され、納得の上であっても株価は何ら変わりなく右肩下がり続く傾向です。
もちろん投資する上で私も各企業のドラックを回り此処の商品を扱われいるかも数社調べもました。
また、決算時は午後の1時半開示でなく、午後1時か引け後にと強く求め此の件だけは完全はされました。なぜかと言えば開示時刻寸前から暴落を繰り返されていた。我々個人が決算内容を吟味するのに最低5分程度掛かりますが、彼らは業績に関わらず暴落させる行為に歯止めに会社に訴えました。此れほどにしても逆手に捉え騙し上げし、私も含め暴落を過去繰り返され個人投資家は立ち寄りせん。
万分の一かご理解して戴き、一方、私は買い方を利用し損失を減少利用もして離れました。