ここから本文です

此処は100%仕手株でもあって2年前に上場を一時控えられ700程度で日々の売買は今と余り変わっていない。再上場頃は550まで乱高下しました。その後大相場になり、1500~1650間で仕手株に振り回され、当時の投資家はすべて撤退。その後2000台に入り、第二相場に群がったのは私たちで、2600以上も昇した。
ところが急落し1500台に落とされ私たち降りた。その後、2800まで吹っ飛び、おそらく全員降りられた。
今は新たな参入者が多く此処の動きに無知に近く1300以上も上げられた。しかも自社株も買い付けられ浮動株が当時よりも減少しています。

にも関わらず信用買い残は過去最高に膨れ上がり、売り手にとっては御馳走でもあつて買い戻すチャンスを与えない策に1000以下でも何ら不思議でもないと思います。
信用買いの墓穴は自らまねておられる。
また、好業績云々も、又日銘柄は此処より遥かに好業績、4.4%高配当で過去10年経っても400以下です。此処も仮にも400なった時は4.4%になります。