ここから本文です

>>416

林社長へ:
KDDIと資本業務提携したエコモット(上場2017年6月)は1月23日にテレビ東京のモーサテに紹介された。これを見て一番印象深いのは入澤社長の柔軟な発想と臨機応変の対応力だ。株価は企業の将来を映す鏡であり、社長の経営手腕が優れるなら、株価も騰がりやすい。
上場5年目。MXTVで林社長は「儲かるためではなく…」、上場のお蔭で億万長者になった。一方、多くの力弱い個人株主(特に上場以来の株主と決裁期が近い高値の信用組)は未だに苦しい状況のままだ(今の株価¥687は9/28の\1,295から既に47%ダウン)。
良い決算を機に、林社長は柔軟な発想力と優れた戦略を出し続け、空(爆)売り機関の活躍を抑え込み、行動力を示し、苦しい個人株主が報われるかどうか林社長の経営手腕次第だ。

3905 - データセクション(株) 林社長へ: KDDIと資本業務提携したエコモット(上場2017年6月)は1月23日にテレビ東京のモー