ここから本文です

>>109

2018年を振り返って Ⅱ
④有能な人は複雑な事を簡単化にし、そうじゃない人は簡単な事を複雑化にする。DSS1. 5億(KAG売上高1.43億営業利益81万円)単純明快だから株主として十分納得。動画を見ると、FollowUPは5年前から運用され既に利益貢献(数字がある筈)。100歩を譲り3年間のデータだけでよい、DDSのような明瞭な年間売上高と営業利益をなぜ言えない?もっと驚いたのは今回の買収が全世界でなく日本限定か?アルムの有名な主力はJoin,Team…等の医療系で非医療系サブしかも国内事業だけ2. 5億???林社長の「利益貢献x…グループ全体で…見えにくく…少しずつ起用し」曖昧な説明を聞き、分けがわからない。2. 5億の中に一体何が入っているの?自分が上場企業の社長なら、会社のお金をCEOの一存で大盤振舞好き放題で使えるのではなく、CEOは株主に対し責任があり会社費用は株主の大事なお金だから、慎重な態度で経営すべき。
⑤国内年間売上高と営業利益だけの簡単な数字なのになぜ逃げているの?ゴーン事件が大々的に報道され今邪推すると、まさか裏にリベートでもあるか?林社長は就任後5/28日大手監査法人2位のトーマツから6位の監察法人に。以前から「この会社は裏で何かをやっているのではないかとここの株価はなかなか上がらない原因を探してね」の噂があった。多分大丈夫と思うが、新任の横山監査役は林社長と同じ早稲田大学商学部の出身で、もし自分が上場企業のCEOなら、忌避の理由で避けるわ。
⑥将来のM&Aと投資等に関し毎回林社長上記の複雑なやり方でやられると、空(爆)売り機関の活躍も十分納得するわ。第4次産業革命の熾烈な戦いの中で勝ち抜くには柔軟な発想と臨機応変の対応力が不可欠だ。とても不思議なのは林社長がなぜ固くDCF経営に拘る(自分を正当化)の?後輩ALBERTのように株価が早く上昇することは不都合でもあるか?今まで林社長の言動を鑑み、自分の会社なら、林社長の手掛けたすべてを徹底的に調べるね。
物を言う株主と浅学菲才の身で、もし間違いがあったら、是非ご遠慮なくご指摘ください。長期に渡り株価がなかなか上がらない原因を究明し、できれば一緒に問題を解決する。
早いけどこれから冬期休暇に入り、自分を含めすべての株主、来年は素晴らしい・報われる良い年であるよう皆様一緒に頑張りましょう!

3905 - データセクション(株) 2018年を振り返って Ⅱ ④有能な人は複雑な事を簡単化にし、そうじゃない人は簡単な事を複雑化にする