ここから本文です

企業が広告を発注しないことには、広告業界は成り立ちません。経済動向の影響を直に受けるのが広告業界です。

景気が低迷していた2000年代後半は、広告業界は総じて仕事が減っていました。安定が期待されている大手企業においても賞与カットやリストラなどが起こり、広告費が削減されていたためです。

しかし、2011年以降には日本経済が活性化して、再び広告需要が高まり広告業界が再成長を遂げています。不景気を乗り越えた広告業界はまだまだ成長を続けていて広告業界の規模も拡大されています。

3688 - (株)CARTA HOLDINGS 企業が広告を発注しないことには、広告業界は成り立ちません。経済動向の影響を直に受けるのが広告業界です