ここから本文です

>>781

ソリューションは、具体的には「専門の業者が、顧客の要望に応じてハードウエア・ソフトウエア・人員などを組み合わせてシステムを構築し、これを提供する」ような行為をさします。(引用

一般的に企業へ問題解決への提案・改善などのコンサルやシステム開発~保守・教育まで引き受けているようですね。

特長1.現場ニーズを反映したオリジナル教材
研修で使用する教材は、当社の現場経験豊富なエンジニアのアイデアをふんだんに盛り込んだ、完全オリジナルの内容になっております。 現場ニーズにそくした非常に実用的な内容になっており、短期間で効果的に学習することが可能です。

実際の開発現場であったトラブルシューティングなど、市販の教材では得ることのできない内容【教育のキモです】も盛り込まれており、より理解を深めることができます。

この点から見ると企業に派遣でシステムや基板設計なども行ってるのかもしれません
企業に派遣でシステムや基板設計なども行ってるようです。

何方かがUGの販売営業活動もしているとの事を仰ってました。

これから先、社会全体が向かうIoT/IoE社会へ大きく舵を切ろうとしてる部分へ、経営資源を集中し、そのコアな部分の業容拡大目指し、大きく食い込もうとしてる様なので期待持てます。

GW10連休は持ち株企業のHPチェックも楽しみです。(^^♪
------
既出ですが

連結子会社インフィニテックの合弁化を通じたPCIホールディングス<3918>との更なる提携強化で基本合意したと発表しており、これが好材料視されている。

両社は、18年6月に資本・業務提携契約を締結し、同年9月にはグループ会社であるVSEを合弁化するなど技術領域での協業を深めてきた。

今回、インフィニテックの持つ開発資産と、PCIHDの持つソリューションの実績や知見に親和性が認められたことから、開発力の強化や事業領域の拡大などを目指し、インフィニテックの合弁化に向けた協議を開始することになったとしている。

■PCIホールディングス<3918>、レスターHD<3156>傘下でネットワーク対応AVシステム開発会社インフィニテックの買収協議開始

企業は昔、流行った多角経営でリスク分散するスタイルから、得意な分野や経営資源を集中する方向へ舵を切り替えました。