ここから本文です
  • >>9

    PCIHDの天野豊美社長「配当性向は30~50%を目指す」
    2015/8/4 17:09 日本経済新聞

     PCIホールディングス(HD)が4日、東証マザーズに新規上場した。自動車や重機・建機など機器の組み込み系ソフトを受託開発する。初日は買い注文が集中して取引が成立せず、最終気配値は公開価格(2530円)の2.3倍にあたる5820円だった。天野豊美社長は東証で開いた記者会見で「配当性向は30~50%を目指す」と語った。主なやりとりは以下の通り。


    記者会見するPCIHDの天野豊美社長

    ――会社の強みは何か。

    「自動車向けの組み込み系ソフトは求められる技術水準が高い。我々は専門性が高いソフト開発者を(技術ごとに)延べ600人程度抱えており、離職率も3%程度と業界平均に比べて低い。人材の質の高さが我々の強みだ」

    ――今後、注力する分野は。

    「(あらゆるものをインターネットにつなげる)IoT(インターネット・オブ・シングス)分野で、エネルギーと自動車向けのシステム開発に取り組んでいる。(現時点で2%程度のIoT分野の売上高比率について)将来的に売り上げ規模を3割に高めていきたい」

    ――株主還元の考え方は。

    「今期(2015年9月期)の年間配当は70円を予定している。今後の配当性向については、当期純利益に対して30~50%を目指したい」

    -------------------

    ちなみに平成27年9月期予想当期純利益280百万円
    1株当たり配当金70円00銭です。

    この予想当期純利益に対して配当性向30~50%だと、84~140なので
    今期業績次第では倍近い年間配当予想の増額修正も期待ありかとw