ここから本文です

>>1108

今回の赤字要因はのれん代の計上による費用増であり、減価償却とは別の意味である。あなたが稼げないと言い切るソフトに対して開発費等の一部を戻入した上でそれを買い取り代金とする訳だ。今回の場合も当該費用をのれんと仕分けている。減価償却で赤字になるのではなく、のれん費用を一括償却する事で大きな費用負担が発生したのだから、減価償却で赤字になったわけではない。
正確には一過性ののれん代負担が重しになり赤字になったが、今半期のみ損出しによるものであるため次半期決算では今回の悪影響は受けないと弁明して貰わなくではならない。