ここから本文です

昨日はあんだけ商いがあってモルガンの1万返却くらいですか。GSや野村も買い戻しゼロ。今日も出来高ありますが、もう少し時間をかけてジワジワやってきそうですね。
何が起これば、あ!この会社これからメチャクチャ伸びるねと思えるのでしょうかね。
やっぱり数字でしょうね。何を語っても今は信頼がない。ついてくる数字も全く不明。笛吹けども踊らずでしょう。
これまでは大きなゲームを買えば買うほど儲かるという方程式に沿って買取IRによる規模の拡大が純粋に利益の拡大になるという前提がありました。
大型はいきなり買取はせずに協業から始めてリスク低減という話ですが、諸手を挙げて喜べる話では無論ないです。いきなり買取に比べてどれだけ利益率が落ちるのか、また協業⇨買取のステップアップは必ず高い利益率でできるのか。これについては何も触れられてない。運営に制限がというデメリット表記のみ、絶対もっとあるはずなのに出さない。
上記の協業⇨買取が出来なければ、ただ単にある程度以上の買取は利益性含めて手に負えない、頭打ちになったからできる範囲で規模小さくやりますよというだけ、ミドルリスクミドルリターンをローリスクローリターンにして、今後はこの方針じゃないと難しいと言ってるだけの話です。
あの発表があったので大型の買取はないでしょう、あって協業。キャッシュフローを投じる先も不明。新規事業への投資内容も不明。数字で市場に示すしか信頼回復は出来ないでしょうけど、少なくとも3Qは無理ですね。もしも4Qもダメならアウトだと思います。
何が順調じゃないのかを取り繕わずに示してくれないと、また騙される。そういう疑心が長期の買いを遠ざけるのかもですね。
数字の見通しなしに成長を語り、マイナスを出した不信は大きい。そしてそれによって今後の成長プランにも少なくない影響が間違いなく出る(協業変更など)のにそこは詳しく言わない。
これまで全幅の信頼を置いていましたが、私自身本当に順調か疑問符です。私が一連の騒動で懐疑的になりすぎてるだけなのかもですが、順調だとの判断をされる方はどの観点を見られてるんでしょうかね。参考にしたいです。