ここから本文です

サイバー攻撃対策の国際会議 沖縄で開催へ NHK NEWS WEB 7月13日 4時04分

国際的にサイバー攻撃の脅威が増すなか、政府は、サイバー攻撃への対策をテーマにした国際会議を、ことし11月に沖縄県で開くことになりました。

サイバー攻撃を巡っては、アメリカ政府のコンピューターシステムからおよそ2150万人の個人情報が盗まれたほか、国内でも、日本年金機構のシステムから大量の個人情報が流出するなど、国際的に脅威が増しています。

こうしたなか、政府は、サイバー攻撃への対策を強化するため、各国と連携を深めようと、ことし11月7日と8日の2日間、沖縄県名護市で「サイバーセキュリティに関する国際会議」を開くことになりました。

政府は、アメリカをはじめ、ヨーロッパやアジアの各国の政府や研究機関などに参加を呼びかけ、情報を交換するとともに、具体的な国際協力の在り方などについても議論したいとしています。
              ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20150713/k10010148651000.html