ここから本文です

官房長官が講演 
サイバー人材育成に注力

菅義偉官房長官は19日、都内で開いたシンポジウム「サイバースリー・カンファレンス」(日本経済新聞社主催)で講演した。安倍政権はビッグデータや人工知能を成長戦略の柱にしているとしたうえで「サイバー対策の人材は質、量とも圧倒的に不足し、成長戦略の阻害要因になりかねない」と指摘。小中高でのサイバー教育を進め、人材の発掘、育成に力を注ぐ考えを示した。
あらゆるものがネットにつながるIoT時代のサイバー対策は「費用でなく投資」と位置づけるべきだと強調。「経営層はサイバーリスクを的確に把握し、効果的な投資判断することが求められる」と話した。


2016/11/19 18:53