ここから本文です

>>1074

ところで、上沼恵美子がM1の審査員をやめるというのは如何なものか。

武智、久保田が何を言ったにせよ、審査というものは主観です。上沼恵美子は彼女なりのお茶の間の見る側の視点を代弁しているに過ぎません。

そして企業における評価、査定というものはその評価する側とされる側の波長なのです。

そう、それはまさに株式市場における銘柄選びと同じなのです。

因みに、私の主観では、このM1騒動は全て放送作家によって仕組まれたものであり、
そして、松本がえみちゃんねるに出た時に、サプライズで武智、久保田が謝りにくるという、M1を盛り上げるための仕組みと期待しております。

即ちこの騒動は株式市場における有力ファンドマネジャーが仕掛ける企みと同じなのです。

その現実を直視し、これから一曲歌いに行ってきます。