IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>995

あくまで妄想ですが、

チェンジが昨年の11月28日にトラストバンク子会社化のIRを開示しました。

その時の内容を改めて見ると、

チェンジは315株を取得~

これは、議決権割合の60.11%を占めますが、単独議決権の66.67%にわずかに及んでいません。

チェンジの現在の資金からすると、㈱チェンジとして更に株式の買い増しは予算的にかなり厳しく(トラストバンク子会社のため50億円を銀行から借り入れたため)単独議決権を得るために、
チェンジの経営陣がトラストバンクの単独議決権をどうしても獲得したいために(次のステージが用意されていると妄想)勝ち目の十分ある勝負に出た気がしてなりません~

その証拠?に、今回の「売り出し」にjun-emi氏が参加していないこと~

彼は、チェンジのエンジェル投資家であってチェンジの役員ではないので、単独議決権とは関係のない方ですから~

あくまでも弱輩者である私の妄想ですが、自分勝手に、この妄想は「辻褄が合う」(笑)