ここから本文です

ホットリンク<3680>は22日、マスターピース・グループ(本社:東京都港区)と業務提携に合意したと発表。ホットリンクのソーシャルリスク事業部門を子会社のリリーフサインに承継させ、12月3日付けで当該子会社の株式の過半数以上をマスターピース・グループと人的資本関係があるエスフロント(本社:東京都港区)に譲渡する。

アジア圏6か国11拠点で多言語BPO事業を展開するマスターピース・グループとの業務提携は、さらなるグローバル化を加速することが狙い。
リリーフサインでは、総合的なリスクソリューションの提供を目指す。同社が有するソーシャル・ビッグデータとマスターピース・グループが有する24時間365日多言語対応のオフショアセンターを活用し、モニタリングや監視サービスを低価格で実施したり、リコール・社告の多言語対応など、各種リスク対策をグローバルに展開する。

《SF》

 提供:フィスコ