ここから本文です

>>90

数日前、いみじくも、どなたかがおっしゃられていたように
外資系投資銀行は必ずしも「安く買い戻して利益を得る」と
いった古典的な意味での空売りのみを行ってるわけでもないと
思われますので、私の判断は、非常に一面的なものだと考えて
ください。

あと、外資系投資銀行が非常に大量な現物株を保有している、
つまり、外資系投資銀行それ自体がU社の大株主でもあるという
ことも大きなポイントで、外資系投資銀行が現物株を放出する
ときになにか大きな変化がもたらされるような気がします。

いずれにしても「U株を保有していれば、最終的には、大変裕福な
個人投資家に落ち着くであろう」というU株ホルダーの共通認識は、
外資系投資銀行がU社に見切りをつけて、去っていったあとに実現
すると思われ、そのためには、何もしない「死んだふり」が最善の
方法かもしれませんね。