ここから本文です

>>77

>GOLDMAN SACHSやモルガン・スタンレーが
>空売り始めた2/15の高値が6,630円

つまり、ゴールドマンサックスやモルガンスタンレーといった
外資系投資銀行は、UUUM社の株価が急激に釣りあがっている
のをめざとく見つけて、U株が非常に空売りで利益を上げやすい
状況にあると判断し、空売りの先制攻撃をかけてきた。

>UBS AGが空売り始めた5/10の高値が4,850円。
>UBSが空売り追加し始めた6/12の高値が4260円。
>最後の空売り追加が7/10で、その日の高値が4,555円。

UBS AGは、U株の買残が大変積みあがっているのを発見し、
将来的に買残株の損切などで、U株が暴落することを予想し、
U株が4000円代でもまだまだ空売りする余地があると判断し、
空売りを仕掛けてきた。

>7/16は何も動かず終値が4,850円。空売り残高は431,500株。
>なんなんでしょう、これは。

外資系投資銀行が、買残の損切、売りが売りを呼ぶ相場にて
U株が暴落するのを、舌なめずりをしながら待っている状態。