ここから本文です

YouTubeが向こう10年もつかはともかく、ネット系映像配信関連全体としては当面安泰だよ。
工業製品や農産物と違ってある程度言語の壁で守られていて(その分海外進出はしにくいけど)、
かつ、人工減少の社会とは言え毎年ネットに疎い層が死んで、新しい視聴者層が下から湧いてくる。
もちろん、その市場の中で、どんな立ち位置でどんなシェアをとれるかという問題はあるけど。