ここから本文です

30年間ほど勤め人を続けてきた私には、とりあえずの
生活に困らないだけの貯えも出来ていた。
しかし私は、自分の人生を振り返った時、このまま定年
まで勤め人を続けても、自分の人生は先が見えてしまって
いるように感じることが多くなっていく。そして
「いったい、自分の人生とは何だったのか? なにかもっと
創造的で有意義な人生は開拓できなかったのか?」
と考え込むことが多くなっていった。

ある日、You Tube にて株式投資の動画を何気なく見ていた
私は、際立って良好な業績をあげ、ぐんぐん株価が上昇
している超優良銘柄、U株の存在に気がついた。
「U株なら、私の人生の閉塞感を打破し、新しい
可能性を切り開いてくれるかもしれない・・」
U株の存在を知った数日後、長年貯えてきた自己資金を
とりくずし、U株の購入にあてている自分がいた。

私が、U株を保有してほどなく、U株は、空売り専門の投資銀行に
目をつけられ、空売り攻撃を受けることになる。豊富な資金力に
物を言わせた投資銀行の空売り攻撃によって、U株の株価は
大きく下落し、奈落の底へ。U株を保有していた私は、大きな
含み損を抱えることになる。「もし、U株を損切したら、大きな
損失をこうむり、空売り専門投資銀行の養分になってしまう・・
かといって、このままU株を保有していても、含み損が拡大して
いくばかりだ・・いったい、私はどうしたらいいのだ・・」
途方に暮れた私だったが、結局、私は、U株の発展性を優先し、
含み損には目をつぶり、U株を保有し続けることにした。

数年後、南麻布の見晴らしのいいマンションで、
自適悠々の生活を送っている私がいた。
U株は、空売り専門の投資銀行の空売り攻撃をはねつけ、
東証一部に市場変更、2回目の3分割後、1万円株に
成長し、私は、億トレーダーになっていた。
U株は、私の人生の可能性を切り開き、私に実りある
豊かな生活をもたらしてくれたのである。