IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

私もその動画を視聴しました。う~ん、辛辣の一言でしたね。
一見よくなったかに見える利益率も、会計処理上の変更にすぎない。
これまで経費で落としていたものを、資産計上したことによる、と。
だから大して利益率が上がっているわけでも儲かっているわけでもない。

あと、受託された仕事をなんでも請け負う、社長自身が、何をやっているのか
「わけのわからない」企業と言っている。それがまずいと。
何でもやる何でも屋、というのは正体がわからないから、投資対象に選ばれにくい。それに、なんでもやっていれば、利益率が上がらない。
のびる企業の基本は、選択と集中。その反対をやっていてうまく行ったためしはない、とかなりコテンパンでした。